閉伊川
 
 私の故郷、岩手県宮古市、
その宮古市を流れる故郷の川 閉伊川、

この閉伊川を管理しているのは閉伊川漁協です。

漁協は川の環境を保全し川魚の資源を維持するという役目を担っています。

漁協の監視委員は釣り場を見回り
釣り券を買わずに釣りをしている人が居れば
釣り券を現場売りで購入してもらうようにしています。

要するに密漁の監視をしているのですね!

我々釣り人は漁協に監視されています。


でも、その逆に、
我々釣り人は漁協を監視しなければならないと思います。
漁協が自分勝手な事をして
川を駄目にするような行為をしたならば
我々釣り人は公の場で声をあげて、
漁協に態度を正してもらうようにする必要があると思います。



2017年4がつの From O.Rod より
  
【閉伊川漁協について、思う所があります。】
 ご覧の様に桜鱒はエサ釣りか疑似釣りしか許可されていません、
ガラ掛けや投網が許可されているのはウグイと鮎です。

下の写真をご覧ください、
2017年の春にとった写真です。
(2016年の秋には台風10号の被害があり河原の草木は全て流されました。おかげですべてが丸見えです。)


閉伊川の河口から一番最初の堰堤、第一堰堤の写真です。
ここは潮の干満の影響のあるところで、
川に遡上しようとする真鱒(サクラマス)が必ず一旦この堰堤の下に溜まります。

写真にはブルーシートのテントをこれから張ろうとしている人達が映っています。
こちらがその数日後の写真で
完全にテントが張り終わっています。



この人たちは何をしているかと言うと
この第一堰堤の下でガラ掛けをしています。

表向きはウグイを捕ってるって言っておりますが
狙っているのはサクラ鱒です。

そもそもガラ掛けで掛ける魚を選ぶことはできません
そこにいる魚は全てかかります。

前にこの人たちと立ち話をしたことがありますが、
今年は何本桜鱒を捕った、去年は何本だった、って、自慢話をされてしまいました。


対岸には投網の人達が同じように小屋を作っています。
投網の人達も当然の様に桜鱒を捕っています。


この人たちは閉伊川漁協の組合員で
どうやら組合の方では鱒の密漁をしている事を知っていて?
と言うか?
もともと鱒の密漁をするのが目的で
漁協ではウグイのガラ掛け投網をやっているようなのです。
ウグイを捕っているってのは口実なんですね!


この密漁は何十年にもわたって行われてきています。
色々な釣り人が苦情を行って来ましたが
漁協は全く聞く耳持たずです。


警察なども取り締まりをしないところを見ると
癒着があるのかもしれません、
小さな田舎町にはありそうな話です。


前に閉伊川支流の薬師川にあるタイマグラキャンプ場でキャンプをしている時に
川井村役場(今は川井村は宮古市と合併)の人に
このガラ掛け密漁の自慢をされたことがあります。
すげー引くぞ!そして、すげー美味いぞ!って

その役場の人は今は定年になって
閉伊川漁協で監視員をしています。


この密漁、宮古市の地域ぐるみでやっているんですね!密漁を!



閉伊川漁協、
川の環境を守って、良い川を作ろうとか
魚を守っていこう
純粋野生の原種の岩魚を守っていこう
なんてのは考えていません、

釣り人の為に自然再生産した野生的な魅力のある魚を増やしていこう
なんてのは考えていなくて
どんどん放流すればそれで良いではないか
ってくらいにしか考えていません、

基本的に漁協やっていれば美味しい事があるぞ!
位にしか考えていないです。
自分たちの釣りの快楽を満たすことしか考えていません、

(2017年4月)
2016年秋の台風10号で川が壊滅的な被害を受けて
渓流魚も壊滅的な被害を受けて
川をどのようにして回復させるのか?
と言う時に
川の入り口で、ガラ掛けと投網による密漁ですからね!
しかもそれが漁協の組合員なのですから、
残念以外の何物でもありません、

(2017年4月)
 密漁小屋

先程用事があり第一堰堤の前の道路を通りました。

密漁小屋、撤去されました。
私のHPに写真をのせられたので、
慌てて撤去したんでしょうね、

小屋が撤去されただけで
相変わらずガラ掛け密漁はしていました。
何も改善されていません、

後ろめたいことがある証拠ですね!

後ろめたいことが無ければ
小屋でも何でも立てて
正々堂々と
ウグイの漁をすればよいのです。


相手をするだけ時間の無駄です。
バカバカしい、

もっと別な方向を向いていた方が良いです。
その方が人生が豊かになります。

(2017年4月15日)
閉伊川漁協

竿師と言う仕事をしている関係で
色々なところに行って釣りをする機会が多いですが、
ここまで酷い漁協も珍しいです。

普通はもう少しましです。

(2017年4月15日)
上の写真をご覧ください、

体長制限が全然小さいとか、
バックリミットがないとか、
問題はまだまだありますが、

枝沢をすべて禁漁区にして
渓流魚の産卵場所を確保して
資源が完全に壊滅するのを防いでいます。

渓流魚を守っていこうという姿勢が感じられます。
これが普通の漁協です。


閉伊川漁協は
一尾でも多く獲って喰うことしか考えていないですもの、

(2017年4月16日)
普通に考えたら
第一堰堤とその下流にある小山田橋との間の区間は
全面禁漁区ですよ!

そうするのが当たり前、
それが普通です。

(2017年4月16日)
*
*
*
*
*
2018年4月の From O.Rod より
 
楽しくないのでやりたくないのですが、

私の地元の川である閉伊川が豊かな川になって欲しいと思いますのでやります。
心の底から閉伊川が豊かな川になって欲しいと思っています。



今年も現れました。
閉伊川漁協の組合員による
ガラ掛けと投網による鱒の密漁軍団、

三月の段階ですでに、密漁軍団は現れていました。



ちなみに
下の写真は昨年(2017年)の密漁軍団の写真です。




昨年の写真と比べると
ブルーシートのテントなどは辞めて
出来るだけ目立たない様にコソコソとやっています。
でも、やっている事はいつもの年と同じです。

ガラ掛けと投網による鱒の密漁です。

鱒はガラ掛けと投網で獲る事は禁止されています。
違法行為です。

私が調べたところ
3カ月の禁固刑か10万円の罰金となります。
れっきとした犯罪です。


漁協では我々はウグイのガラ掛けと投網をしているんですよ!
と主張していますが?
実際にやっているのは鱒の密漁です。
漁協による組織ぐるみの密漁です。



この密漁が行われている第一堰堤の直下は
海から入って来て最初の堰堤です。

海から川に遡上しようとする魚は必ず一旦ここで足止めを食らいます。
そこで待ち受けて密漁です。
悪質です。
そして、姑息!

本来ならば第一堰堤と下流の小山田橋との間は周年全面禁漁にするのが当然です。
真っ当な管理をしている漁協ならそうするでしょう、
それが普通の漁協です。


魚釣りとは一人で出来る遊びです。
放って置くと釣り人は暴走をします。

それを規則やルールで持って抑制して
川の秩序を保ち
そして、川が豊かになるように努めるのが漁協の役目です。

でも、閉伊川漁協がやっているのは
漁協と言う社会的立場を利用して
自分たちの快楽を追求しているだけです。


この人たちが閉伊川を管理している限り
閉伊川が豊かな川になる事はないでしょう、

(2018年4月1日)
 
我々フライフィッシングを志す人は
正々堂々と胸を張って生きていくようにしましょう!

凛として生きる!
です。

(2018年4月1日)
 
桜鱒、(真鱒)

大分昔に県の水産課で銀毛させた山女を閉伊川の第一堰堤の上に放流して、
どれだけの魚が桜鱒になって故郷の川に戻って来るか
と言うのを試験したことがあります。
その時の回帰率は1%にも満たなかったそうです。

結論としては
桜鱒は自然再生産の魚が最も回帰率が高いと言うことらしいです。

その川に適合した遺伝子を持った山女が
桜鱒になった時の回帰率が高いって事でしょうか?


桜鱒を増やすためには如何にして自然再生産の山女を増やすか?
と言う事になると思います。
養殖した山女をドンドコドンドコ放流すればよいって事ではないのですね、

山女の自然再生産が増えれば
結果的に皆さん全員が潤うって事になります。


閉伊川漁協による第一堰堤直下での
ガラ掛けと投網による鱒の密漁、
こんなのは論外です。
根こそぎとるぞ!
って言う姿勢ですね!
俺だけ潤えばよいのだ!
って事でしょうか?


これをやっている限り
桜鱒の資源量は増加しません、
結果として皆さんが貧しくなる、
世の中全体が貧しくなる、

(2018年4月25日)
 
川の漁業協同組合には
増殖の義務があります。
資源を増やす努力をする義務があります。

閉伊川漁協のやっている事は
義務を果たすことをせずに権利ばかりを主張しているということです。

駄々をこねているガキと同じです。

(2018年4月25日)
 
渓流魚の増殖の義務

増殖とは稚魚や成魚などの養殖魚を大量に放流すればよいと言う事ではないです。


資源の乱獲に繋がるであろう場所を周年全面禁漁区に指定する
と言うのも資源の増殖になります。

閉伊川の場合は漁協が密漁を行っている
第一堰堤の下がまさにその場所です。

あとは、大峠ダムの下流とかもそうですね、
全面禁漁区に指定すべき場所ですね、

ここでは書きませんが他にも沢山そういう場所はあります。


また渓流魚の産卵場所になるであろう支流群を全面禁漁区に指定して
自然再生産の渓流魚を増やす。
と言うのも、渓流魚の増殖になります。


閉伊川漁協はこれらの事を一切やっていない、

只々、養殖魚を放流するだけ、


それから、追加で言わせてもらうと、

天然の岩魚が生息する可能性のある場所を禁漁区にしていない
天然魚の保護を一切していない、


そして、閉伊川漁協のHPを見ると
只々、
どこそこで何センチが釣れてます。
どこそこで、一人平均何尾釣れています。
燻製を作るのにちょうどよいサイズの山女が釣れています。
etc.....
と、乱獲をあおる言葉しか並べていない、


漁協のHPと言うのは本来は、

乱獲を控えてルールとマナーを守って釣りをしましょう、
渓流魚の資源を子や孫の代まで残していきましょう!

なんて言葉を並べておくのが本当のあるべき姿です。

(2018年4月25日)
 
渓流魚資源の増殖義務

形だけのフェイクの偽物のC&R区間ではなくて
しっかりと機能するまともなC&R区間を作ると言う事も
資源の増殖
と言う事になるでしょうね!

まともなC&R区間を作れば
自然再生産の渓流魚が増えて
トータルでの資源量が増加します。

間違いなく渓流魚資源の増殖になると思います。

考えようによっては、
真っ当なC&R区間を設定するというのは
漁協の義務です。

(2018年4月)
 
温暖化の時代です。

釣りには消えていく自然を追いかけていくと言う要素があります。


トラウトのフライフィッシングは特にその傾向が強いです。
一度消えたら二度と元には戻りません、
養殖魚を放流してもそれは偽物の釣りです。

ネイティブのトラウトは儚くて美しい、
消えていく自然を追いかける、
それがフライフィッシングなのかもしれません、

大自然を生き抜いたネイティブトラウトは凛として美しい

(2018年4月30日)
 
この人達は、今私が言った様な事は何も考えていないんだろうな?
一尾でも多く獲って喰う
それしか考えていないでしょう、
考える力が無いんだな!

(2018年4月30日)





今、読み返してみると、
感情的になっていて少々言葉が乱暴になっていますね、

まあ、いずれにしろ、
閉伊川漁協さんには
川の環境保全の為に
真面目に真剣に働いてほしいと思います。

我々釣り人は、漁協さんが真面目に川の環境保全に取り組んでいる
と、信じて
遊漁料を支払っているのですから、

閉伊川漁協さん、宜しくお願いいたします。

(2019年3月)





2021年1月7日、閉伊川第一堰堤、左岸からの写真
第一堰堤、閉伊川漁協の組合員によるガラ掛けと投網での桜鱒の密漁が長年にわたって行われてきた場所です。
昨年春、(2020年の春)、私が何度か見に来たところ密漁をしている所は見られませんでした。
(私が見ていない時間帯に密漁をしているかもしれませんが???)
そこで、昨年は閉伊川の本流で数年ぶりにサクラ鱒の釣りをしてみました。
やってみての感想は、遡上するサクラマスの数が増えたように感じました。
密漁をしないだけで資源量がこんなにも変わるのですね、
今後は自然産卵するサクラ鱒も増えると思いますし、良い方向に向かっていくのではないでしょうか、
閉伊川の環境改善のための小さな小さな第一歩です。
今後も漁協の人達が密漁を再開したりしないように
釣り人の皆さんや市民の皆さんで監視をして行きましょう、
今年度末には仙台市と宮古市の間の三陸自動車道も全線開通します。(一部無料開放中)
仙台市や関東方面の都市部からのアクセスも良くなります。
閉伊川のサクラ鱒の釣り場としての価値も高まるのではないでしょうか、
(2021年1月)




閉伊川の鱒の密漁について思う所があります。
この前、川で偶然会った見知らぬオジサンに
ガラ掛けで鱒を獲った密漁の話しを自慢されてしまいました。
多分、そのオジサンは家に帰っても同じように息子に自慢するんだろうな?
そして、その自慢話しを聴いて育った息子も鱒の密漁をするようになる
そして同じ様に孫も密漁をするようになる
密漁の伝統がその様にして代々受け継がれていくんだろうな?
宮古市、こう言うインチキデタラメがあまりにも多い街です。
市役所からして、それってインチキでねーのー?って言うやり方を平気な顔をしてやってきます。
そしてそのインチキデタラメを上手にやっていった人が世の中で出世をしていきます。
私、この宮古市という街、好きになれません、
自分の生まれ育った町ですが嫌いです。
そういう中にあって、じゃあ、自分はどう生きて行くんだ?と言う時、
私は正直に真っ直ぐに生きて行こうと思います。
自分の心に聞いてみた時に、気持ちわりーなー!って事はしないように生きて行こうと思います。
(2021年5月)
 
震災直後に私は一度、閉伊川漁協の組合員になった事があります。
その組合員になるための手続きをするために組合の事務所を訪ねた時に
このような話しをされました。

第一堰堤でのガラ掛けと投網は新しく組合員になったからと言って出来るようにはならないよ!
ガラ掛けと投網をする人はメンバーが決まっていて
その人達の仲間の人達しかガラ掛けと投網は出来ません

って、言われました。

どうやら鱒のガラ掛けや投網をやりたくて
組合員に申し込みをする人が今までに沢山いたみたいなのです。

でも、出来ないと解ると組合員になるのを取りやめるみたいなのです。

閉伊川漁協の方では鱒の密漁をしているのは百も承知
というかウグイを捕っていると言う名目で鱒を獲る
と言うのを考え出したのは漁協なのではないでしょうか?

本当の所は私には解りませんが?

まあ、それだけ真鱒は魅力的で皆が欲しいと思っているって事です。





この前、久しぶりに閉伊川漁協のホームページを見てみたら、
鱒をガラ掛けで獲っていた組合員が密漁で逮捕されました。
鱒のガラ掛けと投網は禁止になっています。

と出ていました。

漁協自らがこのような言葉を発するとは?どういう事?手のひら返し?

まあ、いずれにしろ、第一堰堤直下での鱒の密漁がこれで出来なくなるでしょう!


今まで何十年もの長きにわたって密漁と言う悪しき習慣が行われてきた宮古市って?
そして、その密漁をしている事を自慢する人がいる宮古市って?
そしてオレもそれをやりたいって思う人が沢山いる宮古市って?

姑息と言うか?小ズルイと言うか?人間が小っちゃいというか?????
本州のはずれの小っちゃな田舎町の小さな世界でしかないのに?
その小さな街、宮古市にはびこる価値観

気持ちわりーなー、
私とは違う人種だな!!

なんかね!最近どうでも良くなってきた!
真剣に考えるのがあほらしくなってきた!

街にはびこる価値観なんてのは、そう簡単には変わらないでしょう!

(2021年5月)
 
ついでにもう一言

姑息な事をやったり、しょぼい嘘をついたり、
そういうのって、本人は上手くやっているつもりでも、絶対に相手には伝わる、

そして、そういう姑息な駆け引きをやって
上手くやったぞ、って、よろこんでいる人達がいるのも確かです。

なかにはその姑息な駆け引きを
真っ当な物であって、正しいやり方なんだ、と思っていて
それによって心が傷つく人がいるって事を考えもしない人がいたりもします。

人として薄っぺらい、
そして、その薄っぺらい人が世の中を管理するトップの立場にいたりする。


自分の人生って考えた時に、
そういう人達と人生を共に生きて行くのは嫌だな、
と、私は思っていて、

正直で真っ直ぐで、付き合っていて気持ちが良いな、
って感じる人達に囲まれて生きて行く方が
豊かな人生だな、と私は思っています。

それが、私が閉伊川漁協の組合員を辞めた理由であり、
宮古のヨットの世界から離れた理由です。

(2021年5月)
 
上で述べたような小ズルイ人達の対極にあるのが物作りの世界だと思っています。
作品と真摯に向き合う世界、
だから私はバンブーフライロッドビルダーと言うのを選んだ、

でもね、意外とフライフィッシングの世界にも小ズルイ人は多いです。
フライフィッシングをする人にはコチャコチャと細かい小細工をするのが好きな人が多いです。
上手くやったぞ!って思うのかな?
私にはその価値観は理解できませんが、

そして、私に言わせれば、そんなのどうでも良いだろう!って事をこねくり回す人が多い、

だから私は直販はしないようにしているのです。
ショップに間に入ってもらい
販売や宣伝はショップにしてもらう

そして釣り師としても表に立たない
釣り師として表に立つと攻撃を受けるから、
釣り師として表に立つための時間とお金も無いし

だまって自分は作る事に専念するようにする、

そういうやり方をしています。

ひたすらに作品と向き合う
そういう生き方を選んでいます。

(2021年6月)
*
*
*
第一堰堤の下流の真鱒の密漁

私は今回の騒動でしばらくの間、尾行をされました。
探偵を雇ったのか?漁協の手の空いている人なのか?は、解りませんが、
とにかくかなりの期間尾行をされた、

身辺調査ってやつでしょうか?

私のアラを探してチャンスがあればオオムラロッドを潰してやれ!とでも思ったのでしょうね、
他にも色々と細々とイラつくことをされたし、

こちらとしては何も後ろめたいことは無いし、
正正堂堂としていれば良いと思って普通に気が付かないふりをして過ごしましたが、

宮古市には宮古ハーバーラジオと言うローカルラジオがあるのですが、
昨年そのラジオに閉伊川漁協の人が出ていて
我々漁協には漁業権と言う物があり、我々には魚を獲る権利があるのだ!
と、声高らかに大声を張り上げて喋っていました。

今回のオオムラロッドと閉伊川漁協の喧嘩は、
最終的には密漁軍団が警察に逮捕される
という形で終結しました。

今は第一堰堤の所には密漁軍団はいません、
今までは密漁軍団が常に張り付いていたので
他の釣り師はここで自由に釣りをする事は出来ませんでした。
今ここはフリースペースです。

今現在の閉伊川でもっとも確率良く鱒を釣る事の出来るポイントは
ズバリ、この第一堰堤の下流の所です。
他の場所よりも圧倒的にここが確率が良いでしょう、


でも、オオムラロッドではここでは絶対に釣りをしない事にしています。
私がここでもしも釣りをしていたら、
密漁で逮捕された人たちはどう思うでしょう?
おそらく?それは?はらわたの煮えくり返る思いをするでしょう、

むやみに相手が嫌がる事はしない方が良い、

それに、フライフィッシングは釣果を第一に考えて釣果ばかりを追い求めるような釣りではありません、
一尾にたどり着くまでの過程を大切にする釣りです。

フライマンならプライドを持って潔くこの場所では釣りをしない、


この第一堰堤の下流のポイント、
このまま放って置けば
おそらく数年後には、赤川の三段堰堤みたいに
ルアーの人が朝早くから夕方まで張り付いて動かない
場所取り合戦の激しい激戦区になるでしょう


もしも私が川を管理する立場にあり、川のルールを決める権利を持っていたならば、
第一堰堤から小山田橋までの区間は全面禁漁区に指定するでしょう、

残念ながら私は一釣り人でしかないので、私にはどうする事も出来ませんが?


いずれにしろ、オオムラロッドではこの第一堰堤のポイントでは釣りをしません、
釣れる確率が低くても他のポイントで釣りをします。

気持ちよく釣りしたいですからね!


(2021年6月)
 
人の事を身辺調査をしたり、他色々あらゆる手段を使ってまで、
何が何でも密漁を続けようとしたんですね!

オレ、この街嫌いです。
どうしても好きになれません、

宮古市、質の良い街ではないと思います。
才能の有る若者は出来るだけ早くこの街を離れた方が良いですよ!

この街に染みついている腐った根性は、そう簡単には改善しません、


私は工房に籠って黙って黙々と竿作りをします。
ひたすらに作品と向き合う、
そして作った作品を外の世界に向けて発信をしていく、


(2021年6月)
*
*
*
最近、何人かの人と真剣なお話をする機会があり、
どうやら、私は誤解をされているようなので
この際ハッキリとさせておきたいと思います。

私は釣りを仕事にしているのではないです。
物作りを仕事にしているのです。

また、昔、ヨット競技にエネルギーを注いでいましたが、
単にセーリング競技に没頭したかっただけであり、
没頭できる環境を手に入れようとしただけです。

ヨットを仕事にしようなんて微塵も思っていませんでした。
ゲームとしてのセーリングを楽しいと思って
それをやろうとしただけです。

大会競技の運営や、指導者なんてやりたくないし
そんなの面白いとは思わない、
人生の大切な時間をそれに使いたいとは思わない
指導者ってのは人の事を評価査定する事にもつながります。
私は神様ではないので、他人を評価査定するなんて出来ません、
そんなのは人間のする事ではないと思っています。

(2021年6月)
 
閉伊川の問題から話しがそれましたね!
*
*
*
宮古市には文化と言う物を理解する能力がないと
昔からよく言われてきました、

閉伊川という貴重な資源をどのように活用していくかは、
釣人だけの問題ではなくて
宮古市全体で考え取り組むべき問題です。

閉伊川漁協の好き勝手にさせていては駄目なのです。
川は漁協の所有物ではありません、
市民皆の物です。
市民の皆で考え取り組むべき問題です。

アメリカのモンタナなどのように川と言う資源を上手に活用している地域もあります。

豊かな川とは何か?豊かな街とは何か?
と言うのを
市民の皆さんでもう一度よーく考えてみましょう!

文化とは何か?
考えましょう!

(2021年6月)
インターハイで何位をとったとか?
国体で何位をとったとか?

鱒を何尾釣ったとか?
何センチの魚を釣ったとか?

只々、上っ面だけの数字を並べて?
(心が薄っぺらい、そして攻撃的だ、)

只々そういうのを繰り返すのは文化ではありません、
そういうのは文化とは言わないのです。

文化とは何か?考えましょう!

(2021年6月)
 
私がもしも関東などの大都市部に住む釣り人だったとして、
今現在のような状況の閉伊川に釣りに行きたいと思うか?
って言われれば?
答えは、NO です。

行ってみたいな!
宮古市に旅行に行きたいな!
閉伊川に釣りに行きたいな!

って、思われる川でなければなりません、
そういう街でなければなりません、
そういうのを作って行かないといけません、

心が豊かな気持ちになれる場所でないといけません、

(2021年6月)
 
まあ、私がどうこう言う事ではないです。

取り敢えず、密漁軍団は逮捕された、
オオムラロッドがやれるのはここまで、

ここから後の事は誰か次の人がやって下さい、
志を持った若者がやって下さい、

私は自分が本来やるべき事に戻ります。
竿作りに専念します。

(2021年7月1日)



戻る